健気に働く善玉菌 可愛いやつらを育てよう

人間の腸内細菌の数をご存じですか?

100種類、約100兆個もの腸内細菌が住んでいます。
余りにも桁外れな数でピンとこないので
体内の腸内細菌の重さを量ってみると
1.5キロから2.0キロもの重さになるそうです。
1.5リットルのペットボトルのお茶と同じくらいの量の腸内細菌がお腹の中に住んでいます。

そしてこの腸内細菌達は人間の体にどんな影響を与えているのかと言うと。

全てに影響を与えています。

まずは口から入った食物の栄養を体が取り込みやすいように分解し体内に取り込ませてくれます。
栄養を取り込むことができなければ、一気に命に関わりますね。

そして腸内細菌たちはもちろん生きているので、色々な物を体から出します。
もしもそれが毒素なら脳にダメージを負ったりします。
身近な所で、肌荒れ吹き出物など体の中からボツボツと出てくる様なものは腸内細菌達の仕業です。

そんな腸内細菌達はお腹の中のでどんな風に生活しているのか気になりますね。

主に腸内細菌たちは回腸と言われる小腸の終わりから大腸にかけて種類毎に塊になって腸壁にびっしりと密集して生活しています。
そしてその様子がお花畑のように見えるので、腸内フローラ(フローラ=お花畑)と呼ばれています。
正しくは腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と言います。

このお花畑に住む細菌たちを大きく3種類に分けることができます。

まず、私たちにとって嬉しい働きをしてくれる「善玉菌」

そして体調不良や肌荒れなど嬉しくない働きをする「悪玉菌」

最後に、人間にも沢山居ますが細菌達にもちゃんといるんですね…
優勢勢力につく、長いものには巻かれろ菌
「日和み菌」

この3種類の菌たちが住んでいます。

そしてこの菌たちは日々勢力争いを繰り返しています。
その中でも「日和み菌」は善玉が優勢の時には大人しくしていて、悪玉が優勢だと急に悪さをしだす中々姑息なやつらです。

と言うわけで、宿主の人間としてはぜひ「善玉菌」にがんばってもらわなければなりません。 乳酸菌サプリ

そしてキレイなお花畑をお腹の中にさかせましょう。

その為にも私たちが「善玉菌」の住みやすい環境を作ってあげなければなりません。

まずは「善玉菌」の餌さとなる食物をおくってやりましょう、善玉菌は野菜や果物のオリゴ糖や食物繊維をエサとして仲間を増やします。
逆に肉や脂肪は悪玉菌の大好物、これらを腐れせ有害な物質を作り体を弱らせ仲間を増やします。

次に適度に運動をしてあげましょう、煙草なども善玉菌を弱らせてしまうので控えてあげてください。
アルコールも善玉菌たちを殺菌してしまいます。
せっかく育ったのに可哀想ですね。

ここまでくると、なんだか善玉菌がとても可愛く思えてきましたね。
私たちの為に日々お腹の中で戦い続け働き続けてくれている「善玉菌」
ぜひ、キレイなお花畑に沢山咲かせてあげたいですね。

埼玉県の草加で安心安全の一人暮らしをした思い出

私は埼玉県の草加というところで一人暮らしをしたことがあります。

住んでいたのは公団の団地で、駅に近い一角に独身用の1DK団地があったのです。

当時働いていた会社へ日比谷線乗り入れで一本で行けたこともあり、 物価の安い場所を探したところ、草加がヒットして、公団に空きがあったので入居できました。

草加は東京に比べて高いビルがなく、まだまだ広い空地も多くあります。

治安も良く人目も多いので、特に女性の一人暮らしにお勧めです。

しかし一つ難を言えば、通勤ラッシュが非常に激しいことでした。

また、草加を経由する路線が一本しかないので何かあるとすぐに電車が遅れてしまい、 会社で自分一人遅刻することもありました。

夜になり、終電がなくなったあとは物音ひとつせず、 一人暮らしにとっては不安になることもありました。

部屋の冷蔵庫のモーター音ばかり響いて眠れず、 早く朝になって欲しいと思うこともあったのです。

しかし昼間は団地ということもあり人通りもあり、 休日には子供の声も聞こえるので、一人暮らしの寂しさを感じることはありませんでした。

今から思えば黄金の独身時代に何故草加を選んだのかと 自分でも不思議ですが、 安心安全でのんびり一人暮らしができたというのはそれだけで幸せなことだと思っています。

今ではURの開発が進み、当時住んでいた団地も建て替えの為になくなりました。

草加は家族世帯向けだけではなく、一人暮らしでも充分住み心地の良い街です。

直ぐ側に大学もありますので、一人暮らし用の物件ももっと充実させて、 若者向けの街にしても良いと思っています。

埼玉県朝霞市での一人暮らしの思い出

学生の時、朝霞で一人暮らしをしていました。

住みやすくて風情があって、自分は好きでした。

一人暮らしの学生にとっては、朝霞は良いところだと思います。

大きなスーパーも、駅の両側にありますし、コンビニだって何軒もあります。

また、安い食堂や、弁当屋などもあります。

一人暮らしだと、どうしても食事を作るのが面倒になりますが、朝霞だったら問題無いです。

大きな公園や、野球場、新しい図書館もありますから、お金をかけずに休日を過ごせます。

ただ、楽しそうな家族連れを見かけると、一人暮らしの自分の身の上をちょっと寂しく感じたり・・・。

まぁ、それは言っても仕方が無い事ではありますけど。

また、都会が恋しければ、東武東上線に乗ればすぐに池袋です。

自分の体験から言うと、都会の方が、一人暮らしの人には「優しい」感じがします。

朝霞はやっぱり普通の家も多くて、ファミリー向けの店も沢山ありますが、 池袋は駅の「スナックランド」の様に、一人でふらっと入れる店が多くあります。

近隣の駅も、一人暮らしの人が多い町で、朝霞とあまり変わらない感じですね。

ただ、志木や成増は、やっぱり大きな町ですので、都会っぽい感じはあります。

ちなみに成増には、某ハンバーガーチェーンの「1号店」があります。

意外と小さな店で、驚いたのを覚えています。

昔からの大きな農家などもあって、朝霞には朝霞の風情がありますので、 あの雰囲気を気に入る事ができれば、きっと楽しい一人暮らしになると思います。

川越での一人暮らし体験

私の実家は東京なんですが、今まで東京の色々なところでの一人暮らしを体験してきました。

ですが、次第にお金がピンチになってきたので、 もっと家賃の安いところでしかも今と同じくらい部屋が広いところはないか・・ と思い不動産屋に相談したところ、埼玉県ならば安いところがあると言われ、 その中でも魅力的かつ、特に安いところが埼玉県の、川越市でのあるアパートでした。

その川越での一人暮らしの何が魅力的だったかといえば、 まず歩いて8分で川越駅に行くことができるという点です。

川越なんて田舎くさいなぁって思っていたんですがそれはかなりの誤解でした。

川越駅はかなり開けていて、大きなデパートや魅力的な場所がとにかくたくさんありました。

遊ぶにも全く不便はなく、一晩中でも、朝まででもいくらでも遊べます。

川越で一人暮らしを始めれば、 いちいち楽しい場所を求めて東京にまで出て行く必要が全くなくなると思います。

また、おしゃれが大好きな女性にとっても、 埼玉に住んだたらいちいち東京まで行って買い物しないといけないので 面倒というイメージがあるかと思いますが、川越での一人暮らしならそんな心配はいりません。

おしゃれでしかも安い、そんなファッションのお店がいくらでも見つかるからです。

また、仕事にも困りません。

とにかくあらゆる種類のお店がたくさん並んでいますし、 求人情報もたくさんありますから、川越での一人暮らしは色んな面でとても便利だと思いますよ。

私は川越で一人暮らしをして以来、すっかり川越が気に入ってしまったので、 結婚して二人暮らしになってからも川越に住み続けています。

離婚して所沢で一人暮らし、男性も住みやすい街です

私は離婚して、一人暮らしになりました。

妻と暮らしていたのは埼玉県の狭山市でしたが、 離婚を機に狭山のマンションを売って、隣の所沢に移ったのです。

現在の住まいは、西武新宿線の「所沢駅」と「航空公園駅」のちょうど中間ぐらい。

賃貸マンションで一人暮らししています。 繁華な所沢駅へもすぐですし、大きな航空公園へもぶらぶら歩いて行けますので、 住環境としては、まずは最適と言っていいでしょう。

男の一人暮らしにとって、大切なのは「食」が楽なこと。

所沢駅周辺(プロペ通りかいわい)には廉価な飲食店がたくさんあります。

また少し足を伸ばすと、隠れた名店があるのも魅力。

また、これは住んでみて実感したのですが、 所沢はスーパーマーケットが大変多い町でもあります。

男の一人暮らしにとって、これも大変うれしい住環境です。

私が日常的に利用しているスーパーだけでも5軒あります。

休日に車で行くお店を含めると10軒ぐらい、 日常生活のために利用するスーパーがあるのです。

これはかなりめずらしいのではないでしょうか。

男の一人暮らしで特に気をつけなくてはいけないのが、 かたよった食生活、特に外食過多でしょう。

その点、これだけスーパーがたくさんあれば、 自分で料理する気にもなりやすいですし、お惣菜を買うにもバリエーションがそれだけ多くなるわけです。

休日を一人で過ごすにも、所沢は好適な町だと思います。

先ほど言った航空公園は、日本の航空発祥の地。

今は県立の大公園になっています。公園をひとめぐりするだけでも良い運動になります。

また、車で15分も走ると狭山丘陵。「トトロの森」があったり、自然豊かなロケーションです。

これも、ストレスの溜まりやすい一人暮らしにはありがたい住環境だと思っています。

また、新宿、池袋へ電車1本で、30分から40分で出られるというのも、 これは一人暮らしに限ったことではありませんが、所沢の大きなメリットではないでしょうか。

地方暮らしに憧れて、上福岡での一人暮らしを実践

私は大学を卒業したから、地方住まいに憧れて、埼玉県の上福岡で一人暮らしをしていた事があります。

生まれてから大学を卒業するまで、私は東京都の新宿区で暮らしていました。

父が飲食店を経営していた関係で新宿に住んでいたのですが、 新宿は「おらが街」の感覚があまりないので、つまらなく感じていました。

東京近郊の親戚の家に遊びに行くと、 大きなショッピングモールなどに連れっていってもらうのですが、 そういうものは新宿にはないので、 そういうものが近くにある地方の街に一度は住んでみたいと思っていました。

上福岡を一人暮らしの場所に選んだ理由は、とにかく家賃が安かったからです。

新宿に実家があるのでわざわざ郊外で暮らす事もないのですが、 とにかく地方住まいというのを経験したかったので、家賃は安めにセーブする必要がありました。

賃貸情報誌にちょうど「一人暮らしなら上福岡がおススメ!」 という特集記事が載っていたりもしたので、 生まれて初めての一人暮らしの拠点を上福岡にすえたというわけです。

上福岡は家賃が安いので、都内に通う一人暮らしの若者、学生などが沢山住んでいました。

市役所が主催の上福岡市在中の一人暮らし世帯に向けたイベント なども頻繁に開催されており、私が憧れていた「おらが街」感が満載だったので、 私は上福岡での一人暮らしにとても満足をしていました。

都心に出ようと思うと上福岡駅からふじみ野に出て、 そこから急行に乗り換えてという風にちょっと交通は不便ではあるのですが、 大きなスーパーや商店街もあるので私は不便は感じていませんでした。

とにかく安い一人暮らし向けのワンルームアパートが多いので、 一人暮らしを始めたい人は上福岡を選択肢に入れてみると良いのではないかと思っています。